助産婦の仕事を通して考えたこと、お産や子育て、女性であることを大切にした生き方など気ままにつづります。


by midwife-fumi

Childbirth in Japan

Today's topic is childbirth in Japan.

I'd like to show you an useful web site.
If you have some question about it, please check it. I'm sure it would help you.
This site is not for only English speakers but Chinese, Korean, Spanish, Portuguese and people who speak Tagalog.

Multilingual Living Information
[PR]
# by midwife-fumi | 2008-08-13 18:43 | For women

Nice to meet you.

Hello, everyone.

I'm a Japanese midwife, Fumi. I've been currently living in Chugoku area and working for a hospital as a midwife. Do you have any trouble about Japanese medical system? Don't hesitate to contact me.

The reason I started to run this website is as follows,

1, to communicate with women who have some troubles about their pregnancy, childbirth, child care and so on.
2, to offer some information about Japanese health system, hospital, midwifery care.
3,to enjoy myself to meet new people

I'm also interested in doing my job in developing counties. So it's more than welcome to send me a comment about it.

I'm looking forward to hearing from you.

Fumi
[PR]
# by midwife-fumi | 2008-08-13 17:22 | For women

着るを楽しむ

服の買い物はお好きですか?と尋ねて「嫌いです」という女性はまれですよね。春だから薄手のコート買わなくちゃ、今年は黄色や橙色がきれいよね、雨の日用の素敵な靴も欲しいし、スカーフもきれいな色があったなぁ、、、。なんて買う理由には全く事欠きません。

みなさん服を買う時うきうきしませんか?女度上昇してますよね?そんな人は女性ホルモン活発に分泌されてます。本当です。もし生理不順や不妊にちょっぴり悩まれてる人がいらしたら、不妊治療より何よりまずは女を楽しむことです。さあ、病院より婦人服売り場へ!(もちろん医学的な治療が絶対的に必要な場合もありますよ。)

さて、本日はそんな装いへの関心を高めてくれる映画をご紹介。「理想の女(ひと)」スカーレット・ヨハンソン、そしてその美しさと賢さが際立つヘレン・ハント。西洋の上流階級、社交界の華やかさを存分に楽しめる映画です。女性は必ずしも華やかでなければいけないとは思いませんが、華やかに装うことの楽しみを味わえるのは女性ならではと考えると、それを楽しまないのはもったいない、、、と最近は思います。「クィーン」にでてくるエリザベス女王のように紺に真珠という清楚な装いは間違いなく女性の美しさを引き立てます。はたまた「理想の女」でメグがよく着ている淡い色のふんわりとした素材のスカートも女性の美しさを際立たせます。同時に何も身に付けないウルビーノのビーナスからも美しさは存分に伝わってきます。もう一作衣装の面で素敵な映画を挙げるなら「マイフェアレディ」。オードリーヘップバーンがパーティで着た白いドレスは、優美そのものです。

日本にも美しい女性とその装いがたくさん出てくる作品がありますね。「細雪」なんていがでしょうか。まさに豪華絢爛な着物は、女の装いへの欲求を十分に満たしてくれる
と思います。「源氏物語」でも十二単の美しい色に出会えます。

装わなくても生きていけるけれど、できることなら装いを楽しみたい。装っているうちにだんだんと自分に力が湧いてくる、楽しくなってくる。そうは思いませんか?私はちょっとした工夫でもって毎日の装いを、女性らしく楽しくしていきたいです。

理想の女
クィーン
ウルビーノ ビーナス
細雪
[PR]
# by midwife-fumi | 2008-04-08 00:08 | 女を楽しむ

大好きな瞬間

助産婦をしていて、この職業って得しているなぁと思う時があります。お母さんやお父さんより赤ちゃんに先に触らせてもらえる時。これは完全に役得です。

お産の進み具合を確認するために助産婦は内診をして赤ちゃんの頭を触ります。お産が正常に進んでいるか以外に、薄毛ちゃんかふさふさちゃんか、髪が長いか短いか、頭が小さいか大きいか、などもわかります。「先に触らせてもらってごめんねー」とお母さんと話しつつ診察します。これが私の第一の楽しみ。

二つ目はやっぱり産まれたての赤ちゃんを抱き上げられること。元気な赤ちゃんは、羊水を浴びてつるつるで、つやつやで、肌がぴんとしていて、しっとりしていて、桃色で、血液なんかほとんどついてなくて、本当に本当にきれいなのです!赤ちゃんに触れるたびに、私は自分の邪気のようなものをこの子達が浄化してくれるように感じます。そしてお母さんの胸の上に抱かれ、興味深そうに周囲を見回すんです。お父さんや家族と初めての対面。それはそれは厳かで素敵な時間です。

これから出産されるみなさま、元気に産まれたらできるだけ早く赤ちゃんをお渡ししますので、どうぞぎゅーっと抱きしめてあげてくださいね。
[PR]
# by midwife-fumi | 2008-04-07 23:07 | 助産婦の仕事

麻の葉模様

b0121252_8404442.gif
先日退院した赤ちゃんの着物が木綿プリントの麻の葉模様でしたので、今日はこのテーマを。

麻は香りが魔除け、虫除け(蚊帳の素材にもなっています)また生育が早いことから、子どもの健康と成長を願い、産着の素材として使われ麻の葉模様が刺繍されてきました。腹帯などと同じく産風俗の一つです。これら風俗の中には現在では母児に悪影響を及ぼす可能性が科学的に研究されたもの、またなんの効果も認められなかったとの結果が出ているものもあります。エビデンス(根拠)を求める時代ですからね。しかし人間は感情の生き物。私自身はこういった産風俗、大事にしていきたいなと思います。エビデンスでの裏付けを求めつつも、麻の葉模様の産着を着せた家族の思いを、くみとれる助産婦になりたいと思うのです。

さて正直言って、病院で麻の葉模様の産着を見かけたのは、そんなに数が多くありません。勤め先では無地の白や黄、青、桃色など施設が準備した長着がありますので退院の時ぐらいしかお家の着物を見ることはありません。自宅出産ですと、上のお子さんが使っていたお古をなどでたまに目にすることがあります。

そして最近は赤ちゃんの晴れ着も本当に多種多彩で、若草物語で4姉妹がかぶるような帽子とフリルのある洋服ですとか、着ぐるみなんかもみられます。全体的に男女問わず白をよくみかけますが、やはり淡い桃色、水色も多いですね。そんな中久しぶりに麻の葉模様を目にしたので驚いたのです。

着物を持ってこられたお母さんに、麻の葉を選んで持ってきたのですかと聞いたところ、そうですとのこと。その方の実のお母さんがが教えてくれたんだそう。「手縫いじゃないんですけど、、、」と照れながら話していた姿が印象的でした。20代前半の若々しい女性です。

昔から大切にされてきたことに自信を持ちづらい祖父母世代、また若い世代もそういったものに重きを置かない人が多いなぁと日々感じて働いていたので、このご家族との出会いになんだかほっとする思いでした。伝えようという気持ちと、受け取ろうという気持ちのある家族なんだろうなと、、、。産着のことだけでなく、日常生活のこまごまとしたこと、生き方なんかもこの家ではきっと上手く伝えられて行くのではと感じました。

2006年度の日本の新生児死亡(出生1000対比)は1.3。多くの子どもが元気に生まれて、その後も生きることができる国で生活していると、麻の葉なんて関係ないと思うかもしれません。時代が変わって新しいものほどいいと考えがちになることもあるかもしれません。しかし、時が変わっても本当に大事なことは劇的に変わったりするわけではないという事実は、数々の歴史が証明しています。年月を経て残ってきた物を大切にし、残し伝えるということ、もっと意識して生きることが今必要だと思うのです。

ウッシー様による麻の葉模様刺し子図案

とても素敵なブログを運営されている女性です。
[PR]
# by midwife-fumi | 2008-03-11 10:01 | お仕事中の出来事